スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    トイレのしつけ方、おもらしのしつけ方について!

    0



      犬を飼うとき、真っ先にしつけたいのがトイレですよね。

      ところかまわず排泄されては本当に困ってしまいますから。

      特に室内で飼う場合、トイレのしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)は大事です。

      トイレのしつけをする際、大切なことはどこがトイレなのかを犬に覚えさせることによりす。

      排泄をしたくなると、犬は床の臭いをかいだりなど、ソワソワして落ち着きがなくなるので、そのときにトイレの場所まで連れていきます。

      そして、上手にできたらほめてあげましょう。

      もし、トイレでないところで排泄してしまったときは、その場ですぐに叱ることです。

      時間が経ってから怒っても、犬はなぜ怒られているか理解できないので効果がありません。

      また、トイレの場所は固定しておき、あちこち移動させないことも大切。

      そして、衛生上、犬のトイレはしっかりと掃除をし、きれいにしてあげましょう。

      一方、犬のおもらしもしっかりしつけたいと思っております。

      犬は過剰に興奮したり、喜んだり、緊張したりすると、おしっこをもらす可能性もあると言えます。

      これは興奮しすぎると、膀胱のコントロールが出来なくなるからです。

      まずは、犬がどういうときにおもらしをするのかを把握することが大切。

      たとえば、飼い主が帰ってきてうれしさのあまりおもらしをするときは、犬が喜んでいるときに抱き上げたりせず、落ち着いてからかまうようにしてください。

      これを繰り返す事でもらさなくなります。

      要は、犬が過剰に興奮しないようにすることです。

      対して、おもらしをやったからと叱るのは逆効果。

      叱られたことがストレスとなり、よけいおもらしをするようになります。

      また、おしっこをすることがいけないことなのだと思い込んでしまうこともありますから注意が必要です。

      おもらしをするのは、子犬の場合が多く、成長とともに膀胱のコントロールが出来るようになり、おさまってきます。

      なお、しつけをしても、おもらしがなくならないときは、病気の可能性もあるので病院で診てもらうようにしましょう。










      <PR>
      不眠症を改善させるには?
      大学受験で合格したい方!効率のいい勉強法はコチラ!
      続きを読む >>
      posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |