スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    犬の気持ちという雑誌について!

    0



      犬を家族として迎え入れようかなぁと考えた時、しつけをどんなふうに行えばいい子に育ってくれる?

      散歩の仕方って?

      散歩するのに必要な道具は何?

      動物病院はどこを選べばいい?

      このように、いくつも疑問が頭に思い浮かぶことでしょう。

      これまでに繭り返し犬を飼ったことがあると言う方であれば、そのあたりの問題はすぐにクリア出来るはずです。

      でも、初めて犬を飼うご家族にとっては、わからないことだらけで何故良いのかわかりませんよね。

      そんな方たちにおすすめしたい雑誌が「犬のきもち」です。

      この雑誌の特徴は、なんと言っても情報量の多さにあります。

      既に犬を飼っている方でも、きっと参考になる記事があるでしょう。

      犬のしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)のプロフェッショナルであるドッグトレーナーや動物病院の院長先生など、各方面のスペシャリスト達が協力して作り上げている雑誌ですので、毎回内容が充実しています。

      さらに、写真やイラストも豊富に使われていますから、しつけのやり方などの説明もとてもわかりやすいです。

      ちょっとした不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)や疑問も、可愛らしい写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)や面白い文章で説明してくれるので、愛犬を楽しく育てていくことができますよ。

      それに、ペットショップなどでは手に入れることの出来ないような付録も人気を集めています。

      中には、付録目当てで購入されている飼い主さんもいらっしゃるのだとか。

      犬のきもちの付録は、実用的で機能的な上に、デザイン性も高く、よく使っているという読者さんが多いでしょう。










       
      posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

      犬に食べさせてはいけない物は?

      0



        犬をこれから飼いたいなとお考えであれば、いろいろな疑問などがあると思います。

        その中でも、人間も動物達も無くては生きていけない物、それは食べ物ですよね。

        基本的に、犬にはドックフードを食べさせていれば、特に問題はないでしょう。

        でも、ふと目を離した時に、人間の食べ物を食べてしまうこともあるものです。

        犬の健康のためにも、犬に食べさせてはいけない物を把握しておき、間ちがっても食べさせないように注意して下さい。

        まずは、犬に食べさせてはいけない物の中で代表的な「ねぎ」。

        これは、犬を飼っていない方でも知っているくらい、有名である話ではないでしょうか。

        玉ねぎはもちろん、長ねぎやニラ、ニンニク等にも注意が必要です。

        アリルプロピルジスルファイドという成分がヘモグロビンを変化させ、赤血球(成人の場合、体内に約20兆個ほどあります)を破壊してしまいます。

        具体的な症状としては、嘔吐や下痢、血尿などです。

        さらに、時間が経つと貧血を起こして、呼吸も荒くなり、ぐったりしてくるでしょう。

        このような症状が出た場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

        ねぎであれね、煮汁でもダメです。

        犬によっては少量で症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)をあらわす子もいますし、摂取してしまったとしても何も症状をあらわすことがない子もいます。

        ねぎの次によく動物病院などで食べさせてはいけないといわれる物が、「チョコレート」です。

        主にカフェインが犬によっては中毒症状を起こす要因となるため、チョコレート以外にココアやコーヒー(夏にはアイスコーヒーも好んで飲まれます)、お茶などにも注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)しなくてはいけません。

        摂取してしまった時の主な症状としては、嘔吐や発作、痙攣などがあり、最悪の場合は死に至るケースもあるのです。










        <PR>
        ムダ毛処理の方法!自分でムダ毛を処理するには?
        FXで抑えるべきポイント!
        posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

        こんな症状の時には病院へ連れて行こう!

        0



          犬を飼い始めたばかりの時だと、ちょっとのことでもすごく不安になったり、心配になったりしてしまうのです。

          ここでは、飼っている犬がこんな症状をあらわした時は病院に連れて行った方がよいという例をいくつかあげて紹介したいと思います。

          一般的に多く見られる症状で、動物病院にも連れてこられる数が多い症状としては嘔吐です。

          犬は自分の胃の調子を自ら整えようとする機能を持ちあわせているために、特にどこが悪いという訳でなくても嘔吐することがあります。

          ですので、嘔吐したからと言って、あまり慌ててしまうのもよくありません。

          ただし、頻繁に嘔吐する場合は、胃腸や消化器系のどこかに障害が起こっているケースが多く、胃炎や腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)なども考えられます。

          ご飯を食べてすぐに嘔吐して食べた物が消化されていないまま出てきたり、一度くらいの嘔吐であれば、あまり心配する必要はないですよね。

          でも、何度も繰り返し嘔吐してしまう場合は、嘔吐した物を一緒に動物病院へ持って行ってください。

          また、異物を飲み込んでしまっている可能性もなくはないので、身の回りのものなども一度よく確認してみましょう。

          飼い主さんが見てびっくりされるのは、痙攣ですね。

          自分の飼っている犬が痙攣を起こしていたら、どんな方でもびっくりしてしまいますよね。

          痙攣を起こす病気として考えることの出来る物は、てんかんや糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)です。

          痙攣を起こした時の様子や起こす前に何か変わったことが無かったかなど、動物病院で詳しく説明出来るようにしておくといいですね。










          <PR>
          子宮筋腫の治療方法!自分で改善させるには?
          自動車事故で慰謝料は?
          posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |