スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    無駄吠えのしつけ方、唸る時のしつけ方!

    0



      住宅密集地や集合住宅などで犬を飼う場合、もっとも困ることのひとつに無駄吠え(ストレスが原因となっている時には、おもちゃなどで気晴らしさせてあげるのがいいといわれています)があります。

      無駄吠えのしつけは、犬のしつけの中でももっとも難しく、根気が必要です。

      まず、大事なことは犬がなぜ吠えるのかを飼い主が理解することです。

      吠える理由によっては、犬の要求に従ったほうがよい場合もありますが、単に我がままで吠えているようなときには、安易に要求に従うのはよくないでしょう。

      その際は、叱ってやめさせるようにし、吠えるのをやめたらほめてあげます。

      これを繰り返すことで、無駄吠えをやめたらほめてもらえるということが理解できるようになります。

      ただし、犬の無駄吠えは大人になってからしつけるのは難しく、時間がかかります。

      できれば、生まれて間もないころから、人や物音に慣らしておくようにすると、無駄吠えをすることはないでしょう。

      一方、犬が唸る場合、これは相手を威嚇しているわけで、しつけに問題があります。

      犬をかまいすぎていたり、犬に命令ばかりしていることが考えられます。

      犬をかまいすぎている場合、犬は自分がリーダー、飼い主が子分だと思い、飼い主に反抗して唸るんですね。

      こういうときは、飼い主と犬との上下関係を修復しなければなりません。

      食事や散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)、遊びなど犬の要求をかなえる前に、「伏せ」「お座り」といった命令を出し、犬が従ってから行動するようにします。

      また、犬に命令ばかりしていることが原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の場合は、犬が命令に従ったときにほめるようにして、犬との信頼関係を築くようにする必要があります。

      注意しなければならないのは、犬が唸っているとき、激しく叱ったり力づくで押さえ込んだりしないこと。

      犬はどんどん攻撃的になります。

      どうしてもしつけられないときは、大きなトラブルになる前に専門家に相談したほうがいいでしょう。










      <PR>
      足を細くしたい!噂の足痩せ方法はコチラ!
      汗をかかない方法!多汗症を改善させるには?
      posted by: | 犬のしつけ | 10:25 | - | - |

      犬の里親になるにはどうしたらいい?

      0



        私たちが小さい頃にはよく野良犬を見かけていましたが、最近ではほとんど野良犬を見かけなくになっているんです。

        その理由の一つに、行政のシステムの発展があるようです。

        つまり、野良犬が何か人に危害を加えてしまう前に捕獲し、処分してしまっているというわけです。

        場合によっては、飼えなくなった犬を飼い主が保健所に持ち込むこともあるとなるでしょう。

        そんな可哀相な犬を減らすために、里親制度を設けているNPO法人なども数多く存在しています。

        ただし、誰でも里親になれる訳ではありません。

        里親希望者の中には、飼い主としての義務を果たさなかったり、虐待する人もいる可能性もある為、一定の条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)を満たしている必要があるのです。

        例えば、里親にワクチン接種費用や不妊・去勢手術などの費用を負担するように義務付けていることも少なくありません。

        これは犬の健康のためもありますよが、譲渡後のトラブルを防止するためでもあります。

        里親希望者に費用負担を義務つけることで、里親詐欺や安易な気持ちで犬を飼うことを防いでいらっしゃいますからす。

        そのくらいの費用が負担できないのであれば、とてもこれから先、犬を飼うことはできないでしょう。

        エサ代や毎年のワクチン接種の費用、何かあった時の動物病院の診察代や薬代と、犬を飼うのにはそれなりの費用がかかります。

        それに、本人や家族がどれくらい犬好きだったとしても、動物を飼ってはいけないことになっているマンションではご近所トラブルの元です。

        動物愛護団体によっては、里親希望者の自宅をボランティアが訪問して、飼育環境をチェックすることもあります。










         
        posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

        犬の病気を予防する為には?

        0



          人間は赤ちゃんの時に、伝染病に感染しないように、様々な種類の予防接種を受けます。

          これは犬も同様で、仔犬の時期に予防摂取を受けなくてはいけません。

          ただ、人間の場合なら、一度予防接種を受けると免疫が出来るので、その後は予防接種(注射の他に、経口で行われることもあります)を受けなくてもいいんです。

          でも、犬の場合なら、生後1ヶ月半から2ヶ月の間に1回目の予防接種を受け、1回目の予防接種から3〜4週間後に2回目の予防接種を受けなくてはいけないのです。

          そして、それからは、1年に1回予防接種(注射の他に、経口で行われることもあります)を受けます。

          この予防接種を受けることで、犬ジステンパーや犬伝染性肝炎、犬パルボウイルス感染症などの伝染病の感染を予防することが可能です。

          生後3ヶ月以上の犬に接種が義務づけられている狂犬病の予防接種も、忘れずに受けるようにしてくださいね。

          上記のような伝染病の予防もとても重要ですが、犬に取って必ず予防して欲しい病気が、「フィラリア」です。

          フィラリアは、蚊を経由して犬の肺に寄生する寄生虫のことで、これを放っておくと死に至るケースが多くあります。

          フィラリアの予防は、伝染病の予防と同じくらい重要です。

          蚊が発生した1ヶ月後から錠剤を月1回飲ませていき、蚊がいなくなった1ヶ月後まで飲ませる必要があるので、毎年早くて5月辺りから十二月くらいまでを目安に服用させます。

          あとは、ノミやダニの予防も大切ですが、この場合には亡くなってしまうことは無いでしょう。

          とはいっても、かゆそうにしている愛(反対語は「無関心」だそうです。憎しみもまた愛の一つだという説もあります)犬を見るのは飼い主としてつらいものです。

          フィラリアのように錠剤を飲ませるタイプの物もありますが、スポットタイプの物を使ってみるのが飼い主側も楽でいいと思います。










          <PR>
          ぎっくり腰 対処!腰痛を改善させよう
          どもらずにしゃべる方法!どもらずに話すコツは?
          posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

          犬の気持ちという雑誌について!

          0



            犬を家族として迎え入れようかなぁと考えた時、しつけをどんなふうに行えばいい子に育ってくれる?

            散歩の仕方って?

            散歩するのに必要な道具は何?

            動物病院はどこを選べばいい?

            このように、いくつも疑問が頭に思い浮かぶことでしょう。

            これまでに繭り返し犬を飼ったことがあると言う方であれば、そのあたりの問題はすぐにクリア出来るはずです。

            でも、初めて犬を飼うご家族にとっては、わからないことだらけで何故良いのかわかりませんよね。

            そんな方たちにおすすめしたい雑誌が「犬のきもち」です。

            この雑誌の特徴は、なんと言っても情報量の多さにあります。

            既に犬を飼っている方でも、きっと参考になる記事があるでしょう。

            犬のしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)のプロフェッショナルであるドッグトレーナーや動物病院の院長先生など、各方面のスペシャリスト達が協力して作り上げている雑誌ですので、毎回内容が充実しています。

            さらに、写真やイラストも豊富に使われていますから、しつけのやり方などの説明もとてもわかりやすいです。

            ちょっとした不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)や疑問も、可愛らしい写真(ポイントを押さえて撮ると、出来上がりが格段に違ってくるでしょう)や面白い文章で説明してくれるので、愛犬を楽しく育てていくことができますよ。

            それに、ペットショップなどでは手に入れることの出来ないような付録も人気を集めています。

            中には、付録目当てで購入されている飼い主さんもいらっしゃるのだとか。

            犬のきもちの付録は、実用的で機能的な上に、デザイン性も高く、よく使っているという読者さんが多いでしょう。










             
            posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

            犬に食べさせてはいけない物は?

            0



              犬をこれから飼いたいなとお考えであれば、いろいろな疑問などがあると思います。

              その中でも、人間も動物達も無くては生きていけない物、それは食べ物ですよね。

              基本的に、犬にはドックフードを食べさせていれば、特に問題はないでしょう。

              でも、ふと目を離した時に、人間の食べ物を食べてしまうこともあるものです。

              犬の健康のためにも、犬に食べさせてはいけない物を把握しておき、間ちがっても食べさせないように注意して下さい。

              まずは、犬に食べさせてはいけない物の中で代表的な「ねぎ」。

              これは、犬を飼っていない方でも知っているくらい、有名である話ではないでしょうか。

              玉ねぎはもちろん、長ねぎやニラ、ニンニク等にも注意が必要です。

              アリルプロピルジスルファイドという成分がヘモグロビンを変化させ、赤血球(成人の場合、体内に約20兆個ほどあります)を破壊してしまいます。

              具体的な症状としては、嘔吐や下痢、血尿などです。

              さらに、時間が経つと貧血を起こして、呼吸も荒くなり、ぐったりしてくるでしょう。

              このような症状が出た場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

              ねぎであれね、煮汁でもダメです。

              犬によっては少量で症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)をあらわす子もいますし、摂取してしまったとしても何も症状をあらわすことがない子もいます。

              ねぎの次によく動物病院などで食べさせてはいけないといわれる物が、「チョコレート」です。

              主にカフェインが犬によっては中毒症状を起こす要因となるため、チョコレート以外にココアやコーヒー(夏にはアイスコーヒーも好んで飲まれます)、お茶などにも注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)しなくてはいけません。

              摂取してしまった時の主な症状としては、嘔吐や発作、痙攣などがあり、最悪の場合は死に至るケースもあるのです。










              <PR>
              ムダ毛処理の方法!自分でムダ毛を処理するには?
              FXで抑えるべきポイント!
              posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

              こんな症状の時には病院へ連れて行こう!

              0



                犬を飼い始めたばかりの時だと、ちょっとのことでもすごく不安になったり、心配になったりしてしまうのです。

                ここでは、飼っている犬がこんな症状をあらわした時は病院に連れて行った方がよいという例をいくつかあげて紹介したいと思います。

                一般的に多く見られる症状で、動物病院にも連れてこられる数が多い症状としては嘔吐です。

                犬は自分の胃の調子を自ら整えようとする機能を持ちあわせているために、特にどこが悪いという訳でなくても嘔吐することがあります。

                ですので、嘔吐したからと言って、あまり慌ててしまうのもよくありません。

                ただし、頻繁に嘔吐する場合は、胃腸や消化器系のどこかに障害が起こっているケースが多く、胃炎や腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)なども考えられます。

                ご飯を食べてすぐに嘔吐して食べた物が消化されていないまま出てきたり、一度くらいの嘔吐であれば、あまり心配する必要はないですよね。

                でも、何度も繰り返し嘔吐してしまう場合は、嘔吐した物を一緒に動物病院へ持って行ってください。

                また、異物を飲み込んでしまっている可能性もなくはないので、身の回りのものなども一度よく確認してみましょう。

                飼い主さんが見てびっくりされるのは、痙攣ですね。

                自分の飼っている犬が痙攣を起こしていたら、どんな方でもびっくりしてしまいますよね。

                痙攣を起こす病気として考えることの出来る物は、てんかんや糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)です。

                痙攣を起こした時の様子や起こす前に何か変わったことが無かったかなど、動物病院で詳しく説明出来るようにしておくといいですね。










                <PR>
                子宮筋腫の治療方法!自分で改善させるには?
                自動車事故で慰謝料は?
                posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

                日本で多い犬の種類ってどんな犬種なのか?

                0



                  これから初めて犬を飼ってみようかな?

                  もう一匹家族を増やしてもいいかな?

                  とお考えのご家族の皆様。

                  犬を家族に迎え入れるということは、この先10年以上、生活を共にしていく訳ですので、簡単に決めることは出来ないですよね。

                  どんな犬種が自分達の生活スタイルに合っているのだろうか、どの犬種が飼いやすいのかなど、疑問に思うこともあると思います。

                  そこで、今回は日本で登録頭数が多い犬種について、いくつかお話していきます。

                  まずは、登録数も人気もナンバー1の犬種と言えば、「トイ・プードル」です。

                  ある動物の保険会社が毎年人気の犬種をランキングにしているのですが、ここ3年連続でトイ・プードルは1位でした。

                  トイ・プードルは御三家とも言われていて、他に、「チワワ」と「ミニチュア(小型の模型や縮尺模型を指すことが多いでしょう)ダックス」もこの御三家の中にふくまれています。

                  この御三家のみで全体の53.5%を占めていて、その割合も年々増加していっているそうです。

                  この御三家に関しては、人気があるだけでなくて、ジャパンケンネルクラブに登録されている数もトップ3の犬種になっています。

                  ちなみに、初めて子犬を飼うご家庭にペットショップの店員さんやブリーダーさんがよくおすすめするのは、食欲旺盛で健康的な犬種やしつけを行いやすい犬種などです。

                  上記のことに該当する犬種としては、「ミニチュアシュナウザー」だったり、「シーズー」、「柴犬」に代表されるようにす。

                  もちろん、これらの犬種は、日本で登録されている数が多い犬種の上位にもランクインしているのです。










                   
                  posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

                  散歩のしつけ方、車に乗せ方しつけについて!

                  0



                    犬にとって散歩は運動やストレス発散、そして飼い主とのコミュニケーションのために大切なことです。

                    と言い、犬の好きなように歩かせてはいけません。

                    飼い主が犬に引っ張られているようでは、主従関係が逆転して、犬が問題行動を起こす可能性があるので、早めに直す必要があります。

                    まず、リードは右手で持ち、犬に自分の左側を歩かせるようにします。

                    犬がリードを引っ張ったら、その場に立ち止まります。

                    それから、飼い主の意志が伝わるように、リードをピンと引き寄せ、すぐに緩めます。

                    戻ってきたらほめてあげます。

                    これを何度も繰り返し、主導権は飼い主にあることをわからせるようにされて下さい。

                    犬と散歩がうまくできるようになったら、少し遠出もしてみたいですね。

                    近年は、ペットと宿泊できる民宿やホテルが登場し、ペットと旅行などもできるようになりました。

                    しかし、犬によっては車に乗るのを嫌がることもあります。

                    その際はあせらず、車に慣れるまでトレーニングをしましょう。

                    まずは、おやつを与え、車のほうへ連れて行きます。

                    犬が車のほうへ来たらさらにおやつを与え、ほめてあげます。

                    ドアを静かに開け、優しく声をかけながら、車の中に誘導し、中に入ったらおやつをあげます。

                    焦らずに少しずつやりましょう。

                    車の中に入ったからといって、すぐに運転をするのではなく、数日間は停止した車の中で過ごさせ、雰囲気に慣らすようにしてください。

                    十分慣れてきなと思ったら、エンジンをかけ、様子を見ます。

                    問題がなければ出発。

                    ひとまず五分くらいから少しずつ、走行距離を延ばして慣らすようにするといいでしょう。










                    <PR>
                    いびきをかかない方法!いびき改善したい方へ!
                    賢い犬になる育て方!犬を上手に育てるには?
                    posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

                    留守番のしつけ方、怖がる時のしつけ方について!

                    0



                      犬を飼っていると、留守番(子供やペットに留守番させる場合には、何かと心配ですよね)をさせなければならないことは多々あります。

                      外で飼っている犬の留守番はほとんど問題ありませんが、問題は室内犬。

                      きちんとしつけないと、飼い主がいないことで不安定になり、キャンキャン鳴き続けたり、部屋を荒らしたり、粗相をしたりします。

                      室内犬は、どうしても飼い主が犬をかまいすぎる傾向があり、これが留守番が苦手な犬にしてしまったりする理由です。

                      普段からあまり愛情過多にしないことが大切。

                      そして、犬が一人になる環境を作ることです。

                      最初は短い時間の外出で慣らすようにし、出かける前には、明るく声をかけます。

                      TVをつけたままにしたり、おもちゃやおやつを与えるなど、犬がさびしがらないような環境を作ります。

                      外出から戻り、しっかりと留守番(家人が帰宅するまで家にいることをいいます)ができていたら、ほめてあげるようにします。

                      犬にとって、留守番は日常の生活の一部であることを認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)させることが重要なのです。

                      一方、子犬の頃に、あまり人間やほかの犬等と接触のなかった犬は、神経質で何に対しても臆病になったり、少しの物音でほえたりすることがあります。

                      臆病な犬の場合、まず、どのような事に怖がるのかを見極める必要があります。

                      もし、音に対して怖がるようなら、犬が嫌いな音を録音し、犬がリラックスしてしまっているときに、小さくその音を聞かせます。

                      毎日少しずつ音量を上げ、慣らしていきましょう。

                      また、ほかの犬を怖がる場合は、散歩で出会った、しつけの行き届いた穏やかな犬に挨拶してもらうなど、徐々に犬に慣れさせるようにするといいでしょう。

                      何かにつけ怖がる犬は、怖がっているものに徐々に慣れさせていくことです。

                      根気がいりますが、大事な飼い犬のために頑張ってください。










                       
                      posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

                      甘がみする時しつけ方、飛びつく時のしつけ方について!

                      0



                        甘がみ(コミュニケーションの手段の一つとして行われることが多いようです)とは、犬にとってはコミュニケーションの一つであると同時に、相手の力加減を探るために、手や足などをかんだりします。

                        かむという行為は犬にとっては当たり前のことですが、放置しておくと大きなトラブルの原因にもなるので、子犬のうちにしっかりしつけ(幼い頃に正しくしつけてもらえなかったために、大人になってから苦労する人も少なくありません)たいですね。

                        子犬が手や足などをかんだときは、「痛い!」と大きな声で言います。

                        この際、かまれたところを引っ込めないことが大切。

                        引っ込めると子犬は、貴方の好きなときに飼い主の行動を止めることができると思ってしまうため、欲求を通すためにかむようになってしまいます。

                        話を元に戻しますが、「痛い!」と言ってからハウスに戻し、5〜10分程子犬を無視します。

                        これを繰り返すうちに、人間をかむと、楽しい時間が終わりしまうという事を理解し、かまなくなるでしょう。

                        かむのではなく、人間に飛びついてくる犬もいますね。

                        犬が飛びつくのは、たいていうれしさで興奮のあまりです。

                        かまってほしくて飛びついてくるので、直すには無視するのが一番です。

                        犬は、リーダー(飼い主)から無視されるのがもっともつらいのですから、飛びつくたびに無視されれば、飛びつくのはいけないことだと理解します。

                        具体的には、飛びついてきたら、犬に背を向けてしまえばいいわけです。

                        そして、興奮がおさまってきたらかまってあげるようにします。

                        お座りができるなら、飛びついてきたとき、お座りをさせ、きちんとできたときにほめてあげるようにします。

                        子犬が飛びついてくるのはかわ良いものですが、大人になってからのことを考え、早いうちに対処するようにしましょう。










                         
                        続きを読む >>
                        posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |