スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    無駄吠えのしつけ方、唸る時のしつけ方!

    0



      住宅密集地や集合住宅などで犬を飼う場合、もっとも困ることのひとつに無駄吠え(ストレスが原因となっている時には、おもちゃなどで気晴らしさせてあげるのがいいといわれています)があります。

      無駄吠えのしつけは、犬のしつけの中でももっとも難しく、根気が必要です。

      まず、大事なことは犬がなぜ吠えるのかを飼い主が理解することです。

      吠える理由によっては、犬の要求に従ったほうがよい場合もありますが、単に我がままで吠えているようなときには、安易に要求に従うのはよくないでしょう。

      その際は、叱ってやめさせるようにし、吠えるのをやめたらほめてあげます。

      これを繰り返すことで、無駄吠えをやめたらほめてもらえるということが理解できるようになります。

      ただし、犬の無駄吠えは大人になってからしつけるのは難しく、時間がかかります。

      できれば、生まれて間もないころから、人や物音に慣らしておくようにすると、無駄吠えをすることはないでしょう。

      一方、犬が唸る場合、これは相手を威嚇しているわけで、しつけに問題があります。

      犬をかまいすぎていたり、犬に命令ばかりしていることが考えられます。

      犬をかまいすぎている場合、犬は自分がリーダー、飼い主が子分だと思い、飼い主に反抗して唸るんですね。

      こういうときは、飼い主と犬との上下関係を修復しなければなりません。

      食事や散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)、遊びなど犬の要求をかなえる前に、「伏せ」「お座り」といった命令を出し、犬が従ってから行動するようにします。

      また、犬に命令ばかりしていることが原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の場合は、犬が命令に従ったときにほめるようにして、犬との信頼関係を築くようにする必要があります。

      注意しなければならないのは、犬が唸っているとき、激しく叱ったり力づくで押さえ込んだりしないこと。

      犬はどんどん攻撃的になります。

      どうしてもしつけられないときは、大きなトラブルになる前に専門家に相談したほうがいいでしょう。










      <PR>
      足を細くしたい!噂の足痩せ方法はコチラ!
      汗をかかない方法!多汗症を改善させるには?
      posted by: | 犬のしつけ | 10:25 | - | - |

      犬の里親になるにはどうしたらいい?

      0



        私たちが小さい頃にはよく野良犬を見かけていましたが、最近ではほとんど野良犬を見かけなくになっているんです。

        その理由の一つに、行政のシステムの発展があるようです。

        つまり、野良犬が何か人に危害を加えてしまう前に捕獲し、処分してしまっているというわけです。

        場合によっては、飼えなくなった犬を飼い主が保健所に持ち込むこともあるとなるでしょう。

        そんな可哀相な犬を減らすために、里親制度を設けているNPO法人なども数多く存在しています。

        ただし、誰でも里親になれる訳ではありません。

        里親希望者の中には、飼い主としての義務を果たさなかったり、虐待する人もいる可能性もある為、一定の条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)を満たしている必要があるのです。

        例えば、里親にワクチン接種費用や不妊・去勢手術などの費用を負担するように義務付けていることも少なくありません。

        これは犬の健康のためもありますよが、譲渡後のトラブルを防止するためでもあります。

        里親希望者に費用負担を義務つけることで、里親詐欺や安易な気持ちで犬を飼うことを防いでいらっしゃいますからす。

        そのくらいの費用が負担できないのであれば、とてもこれから先、犬を飼うことはできないでしょう。

        エサ代や毎年のワクチン接種の費用、何かあった時の動物病院の診察代や薬代と、犬を飼うのにはそれなりの費用がかかります。

        それに、本人や家族がどれくらい犬好きだったとしても、動物を飼ってはいけないことになっているマンションではご近所トラブルの元です。

        動物愛護団体によっては、里親希望者の自宅をボランティアが訪問して、飼育環境をチェックすることもあります。










         
        posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |

        犬の病気を予防する為には?

        0



          人間は赤ちゃんの時に、伝染病に感染しないように、様々な種類の予防接種を受けます。

          これは犬も同様で、仔犬の時期に予防摂取を受けなくてはいけません。

          ただ、人間の場合なら、一度予防接種を受けると免疫が出来るので、その後は予防接種(注射の他に、経口で行われることもあります)を受けなくてもいいんです。

          でも、犬の場合なら、生後1ヶ月半から2ヶ月の間に1回目の予防接種を受け、1回目の予防接種から3〜4週間後に2回目の予防接種を受けなくてはいけないのです。

          そして、それからは、1年に1回予防接種(注射の他に、経口で行われることもあります)を受けます。

          この予防接種を受けることで、犬ジステンパーや犬伝染性肝炎、犬パルボウイルス感染症などの伝染病の感染を予防することが可能です。

          生後3ヶ月以上の犬に接種が義務づけられている狂犬病の予防接種も、忘れずに受けるようにしてくださいね。

          上記のような伝染病の予防もとても重要ですが、犬に取って必ず予防して欲しい病気が、「フィラリア」です。

          フィラリアは、蚊を経由して犬の肺に寄生する寄生虫のことで、これを放っておくと死に至るケースが多くあります。

          フィラリアの予防は、伝染病の予防と同じくらい重要です。

          蚊が発生した1ヶ月後から錠剤を月1回飲ませていき、蚊がいなくなった1ヶ月後まで飲ませる必要があるので、毎年早くて5月辺りから十二月くらいまでを目安に服用させます。

          あとは、ノミやダニの予防も大切ですが、この場合には亡くなってしまうことは無いでしょう。

          とはいっても、かゆそうにしている愛(反対語は「無関心」だそうです。憎しみもまた愛の一つだという説もあります)犬を見るのは飼い主としてつらいものです。

          フィラリアのように錠剤を飲ませるタイプの物もありますが、スポットタイプの物を使ってみるのが飼い主側も楽でいいと思います。










          <PR>
          ぎっくり腰 対処!腰痛を改善させよう
          どもらずにしゃべる方法!どもらずに話すコツは?
          posted by: | 犬のしつけ | 16:41 | - | - |